松雪主演ドラマに絶対の自信!原作者・天童荒太が歴史に残ると宣言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
松雪泰子

 女優の松雪泰子が1日、都内で行われたドラマ「家族狩り」の制作発表会見に、原作者の天童荒太伊藤淳史北山宏光(Kis-My-Ft2)、篠田麻里子平岡祐太山口紗弥加井上真樹夫浅田美代子財前直見遠藤憲一らと共に出席し、ドラマに対する自信を明かした。

「家族狩り」制作会見フォトギャラリー

 本作は、「永遠の仔」「悼む人」などで知られる直木賞作家・天童荒太の同名小説を映像化したサスペンスドラマ。ある一家心中事件に巻き込まれる3つの家族を通じて「家族とは何か」「生きるとはどういうことか」といったテーマを重厚に描き出す。

[PR]

 「わたしはただの原作者ではないと言えます。スタッフ・キャストに触発されて、台本作りの深い部分に携わりました」と切り出した天童は、「だからこそ思うのですが、今までのドラマ、あるいは映画において、ここまで深く家族の問題を取り上げ、かつ、ここまで切実にこの社会における家族の現実、人間の孤独、そして人間が共に生きていくことへの可能性を、ダイナミックに、かつエンターテインメント性を踏まえて描いた作品を知りません」と自負。

 さらに「特に(終盤)9話、10話の脚本は、小説の世界ならほとんどの小説賞を総なめにするくらい。それくらいレベルが高く、素晴らしいものです。このドラマは確実に歴史に刻まれます。歴史の目撃者になる感じでご覧になっていただけたら」と付け加え、満足げな表情を見せた。

 そんな天童の言葉を受けて、主人公・氷崎游子役の松雪は「天童先生がおっしゃった通り、映像が素晴らしいですし、このドラマでは本当に繊細に、家族の苦しみ、感情を描いています。そしてそれとは別に心温まるエピソードも盛り込まれていて、ただの重いだけのミステリーではなく、新しい切り口の、完成度の高い作品となっていて感動しました」とコメント。さらに高校教師の巣藤浚介役の伊藤も「僕も1話を観させてもらって、かなり衝撃でした。でも今日の朝に2話を観させてもらったら、すごすぎて1話のことを忘れてしまった。とにかくすごいドラマです」と興奮気味に語ると、それぞれの出演者たちの口ぶりからも、同ドラマに対する自信のほどがうかがい知れた。(取材・文:壬生智裕)

金曜ドラマ「家族狩り」は7月4日 夜10時よりTBS系にて放送開始

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]