「ジャングル・ブック」実写版の主演決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 映画『アイアンマン』シリーズでおなじみのジョン・ファヴローが手掛ける「ジャングル・ブック」の実写化作品で、主役となる少年モーグリ役がネール・セティに決定したことがDeadlineや複数のメディアによって明らかになった。

 ネール・セティは、これまで短編作品にしか出演したことのない10歳の新人で、彼はニューヨーク、ニュージーランド、ロンドン、カナダ、インドなどで行われた厳しいオーディションの中で選考されたようだ。

 本作は、英国のノーベル文学賞受賞作家ラドヤード・キプリングが1894年に出版した同名小説をジョン・ファヴロー監督が映画化し、脚色は映画『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』のジャスティン・マークスが担当する。

[PR]

 そのストーリーは、ジャングルで育った少年モーグリを描き、キャストにはモーグリを狙う人食いトラのシア・カーン役の声優に映画『パシフィック・リム』のイドリス・エルバ、赤ん坊のモーグリを拾ったクロヒョウのバギーラ役の声優にベン・キングズレーが挑戦し、催眠術を使うニシキヘビのカー役の声優にスカーレット・ヨハンソンが出演交渉中だ。そしてこのたび、豪華な顔ぶれにネール・セティが加わるようだ。

 今作は3D作品で手掛けられ、公開は2015年10月9日を予定している。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]