放送禁止に!トム・ヒドルストン出演のジャガーのCM、危険運転を助長する可能性

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
トム・ヒドルストン - Samir Hussein / WireImage / Getty Images

 トム・ヒドルストンが出演しているジャガーのコマーシャルが、危険運転を助長する可能性があるとの理由からイギリスで放映禁止になったという。

トム・ヒドルストン出演!映画『マイティ・ソー』写真ギャラリー

 トム、ベン・キングズレーマーク・ストロングら、イギリスの悪役をフィーチャーしたジャガーのCMは今年のスーパーボウルで初放映された。今回、問題となったトムのジャガーFタイプ・クーペのCMも同じ流れを汲んだもので「悪いことはいいこと」というスローガンがついている。

[PR]

 The Hollywood Reporterなどによると、このCMは危険な運転を勧めていると消費者からの苦情がイギリスの広告基準局(ASA)に寄せられたとのこと。

 ジャガー側は、CMの大半は駐車場が舞台になっており、車は動いていないと主張。駐車場から出る際も普通のスピードで発進しており、加速したのも一瞬だったと言っている。また、撮影時には警察官も立ち会い、法定速度を越えてはいなかったらしい。

 ASAはスピードに着目したCMではないことを認めたものの、駐車場から発進する時の音と、トムの「準備はいいか」というセリフ、ほかの車をけむに巻いている映像はハイスピードで運転することを奨励しているように感じられると判断。また、映像は封鎖された道路で、プロによる運転であるとの注意書きは表示されているが、一般道で猛スピードを出している印象は拭い去れないとして、このままの状態での放映は禁止するとジャガーに通達したという。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]