実写版『進撃の巨人』2部作で来夏公開 ハセヒロ・希子・さとみ・ピエールら新キャスト明らかに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
それぞれ演じるキャラクターは……!?

 三浦春馬主演で実写化される映画『進撃の巨人』が前後篇の2部作で2015年夏に公開されることが決まった。また、長谷川博己(ハセヒロ)、水原希子本郷奏多三浦貴大桜庭ななみ松尾諭石原さとみピエール瀧國村隼のほか、渡部秀水崎綾女武田梨奈の出演が明らかになった。それぞれの役柄は謎のベールに包まれている。

『進撃の巨人』実写版の新キャスト発表!写真ギャラリー

 同作は特撮監督経験の豊富な『のぼうの城』などの樋口真嗣監督がメガホンを取り、各分野の最高峰のスタッフが集結して諫山創の人気マンガ「進撃の巨人」(「別冊少年マガジン」連載中)を実写化したファンタジー・アクション。

[PR]

 諫山監修の下、原作の世界観やキャラクターをベースに映画版として新たなキャラクターや強敵を登場させるストーリーを構築し、巨人の世界とあらがう若者たちの姿を立体機動のアクション(注:特殊な装置を装着して行う巨人との空中戦)をふんだんに取り入れて描く。

 このたび発表されたのは、巨人に立ち向かうキャストたち。ピエールはオファーを聞き、「そうか、巨人役だろうな。やっぱり」と直感的に思ったそうだが、「なんと巨人役ではありませんでした。意外」とコメント。

 オファー後に漫画を読み、アニメも観たという石原は「今回、大変な役を与えていただきました。かなりの挑戦です。正直プレッシャーに押しつぶされそう」と吐露。「でもこんなにも魅力的なキャラクターを演じられるのはこの上なく幸せです。立体機動装置が重く体力を奪われますが、『進撃の巨人』を撮影しているんだと客観視するたびにやる気がみなぎります」と心境を明かした。

 目下撮影中だが、水原も「役に成り切って全身全霊を込めて演じております」と語り、長谷川は「わたしの役は……、まだ多くを語れませんが、最強の男、という役だけあって、なぜわたしにオファーをいただけたのかを考えつつ、思いっきり楽しんで演ろうと思っております」と期待をあおっている。

 大きなプレッシャーも感じているという主演の三浦は「素晴らしい原作へ敬意を込め、自分の体に流れるすべてのエネルギーを役に注ぎ込み、残りの撮影も全力で臨みます」と決意を新たにしている。

 樋口監督は「これ以上はない、最高のキャスティングが完成しました」と胸を張り、「原作同様に登場人物たちを肉体的にも精神的にも追い込んでいく過酷な現場ですが、みんなで励まし合いながら心臓を捧げつつチームワークで目の前に立ちはだかる巨人や壁という限界に挑戦しています。スタッフもキャストも極限状態、心の支えは原作愛で来年まで走りぬけます!」と意気込んでいる。(編集部・小松芙未)

映画『進撃の巨人』は2015年夏、前後篇2部作で全国東宝系にて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]