グロ注意!幼虫チョコレートをプレゼント!?“香港のスピルバーグ”、新作初日に緊急参戦!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ぎゃああああ! - 公開初日に配布される幼虫チョコレート - (c)2013 HUAYI BROTHERS MEDIA CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.

 香港のスピルバーグの異名を持つツイ・ハーク監督の最新作『ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪』が、公開初日8月2日の来場者プレゼントとして、劇中に登場する呪いの虫・蠱(こ)にかけてキモかわいい幼虫チョコレートを配布することがわかった。また同日、ツイ・ハーク監督が香港からスカイプを通して、ファンとのQ&Aイベントを行うことも明らかになった。

映画『ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪』フォトギャラリー

 ツイ・ハーク監督のQ&Aイベントを含む舞台あいさつは、シネマート六本木のお昼の回終了後に、スクリーンにスカイプ画面を映して進行する予定。

[PR]

 劇中に出てくる蠱(こ)とは蠱毒ともいわれ、体内に入ると皮膚がうろこ化してしまう恐ろしい虫。幼虫チョコレートの提供元は有限会社小松屋本店。大正5年に小松屋商店として創業され、「もろこし」「芭蕉せんべい」「花見だんご」「アイスキャンディー」などの商品を販売してきた老舗和菓子屋。しかし現代では、超リアルな昆虫シリーズのお菓子を作っていることでも話題を呼んでいる。同チョコレートは数量限定でシネマート新宿、シネマート六本木、シネマート心斎橋(心斎橋のみ8月9日公開)で配られる予定。

 本作は、中国映画史上最高とされる製作費2億元(約32億円)を費やし、興行収入6億元(約96億円)を稼ぎ出した大ヒット作。『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』の前日譚(たん)にあたり、“中国版シャーロック・ホームズ”のディー・レンチェが海の神・龍王(シードラゴン)の謎に挑む。主人公のディーは、今作ではマーク・チャオが演じている。(編集部・井本早紀)

映画『ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪』は8月2日よりシネマート新宿、シネマート六本木ほか順次公開
ツイ・ハーク監督のスカイプ舞台あいさつは、シネマート六本木にて8月2日の11:10の回上映終了後、約25分間行われる予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]