奴隷のように働かされた!勝訴した子守り、守秘義務違反で賠償金をアダム・サンドラーに返金

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
返金されてラッキー? - アダム・サンドラー - Jim Spellman / WireImage / Getty Images

 アダム・サンドラーに奴隷のように働かされたとの訴えを起こし、一度は勝訴していた元ナニー(子守り)が、守秘義務の違反で賠償金の返金を命じられたという。

アダム・サンドラー出演!映画『50回目のファーストキス』写真ギャラリー

 アダムのプロダクション会社に子守りとして雇われていたディアン・マクドナルドは2010年、奴隷のような扱いを受けたとアダムを訴え、賠償金として8万ドル(約800万円)を勝ち取っていた。(1ドル100円計算)

[PR]

 しかし、より高額な賠償金をもらおうとしたディアンは、プロダクション会社を相手にさらなる訴訟を起こそうとしたとのこと。これに対してアダムは、新たな訴訟を起こしたことで公にしないと約束した情報を開示したのは、以前の訴訟の際に取り決めた守秘義務の違反だと主張。

 アダムの主張が認められた結果、ディアンは8万ドル(約800万円)を返金するように命じられ、今後この件について新たな訴訟を起こすことはできないと言い渡されたという。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]