鬼才デヴィッド・フィンチャー×ベン・アフレックの心理スリラー『ゴーン・ガール』12月公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
妻を殺したのはベン・アフレックなのか……? - 映画『ゴーン・ガール』より - (c) 2014 Twentieth Century Fox

 『セブン』の鬼才デヴィッド・フィンチャー監督が『アルゴ』のベン・アフレックを主演に迎え、現代の夫婦が抱える秘密を暴くサイコロジカルスリラー『ゴーン・ガール』が12月12日より日本公開されることがわかった。結婚記念日に突如として姿を消した美しい妻にふんしたのは、『アウトロー』のロザムンド・パイクだ。

 結婚5周年を迎えたばかりのニック(ベン)は、妻エイミー(ロザムンド)が失踪したと通報。完璧な夫婦のはずだったニックとエイミーだが、警察と過熱するメディア報道によって、ニックが語る幸福な結婚生活が崩れ始める。うそやごまかしを重ね、不可解な行動をとるニック。妻を殺したのはニックなのか……? 併せて公開された予告編では、『ノッティングヒルの恋人』の主題歌としても知られるエルヴィス・コステロの「She」が流れる中、人々が次第にニックに疑いを抱くようになるさまが抑えた色調で映し出される。

 原作となったのは、アメリカで600万冊以上を売り上げたギリアン・フリンのベストセラー小説。「小説のストーリーや、テーマが素晴らしい」と語るロザムンドは、「わたしたちは、それらをとことん探索し、深く追求していったつもり」と本作におけるアプローチの仕方を明かしている。現地時間9月26日より開催される第52回ニューヨーク映画祭のオープニング作品に選ばれるなど、全世界から注目されている作品だ。(編集部・市川遥)

映画『ゴーン・ガール』は12月12日より全国公開

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]