高杉真宙、共演者をオタクにできず笑顔で悔しがる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
比嘉以外はオタク! - 比嘉梨乃、高杉真宙、佐倉絵麻、小林啓一監督

 テレビドラマ「仮面ライダー鎧武/ガイム」シリーズなどで知られる俳優の高杉真宙が20日、新宿シネマカリテで行われた最新作『ぼんとリンちゃん』の初日舞台あいさつに、佐倉絵麻比嘉梨乃小林啓一監督と共に出席。和気あいあいとした雰囲気の中、撮影時のエピソードなどを語り合い、最後はこの日駆け付けたファン全員と記念写真を撮って初日を迎えた喜びを分かち合った。

高杉真宙が決めポーズ!初日舞台あいさつフォトギャラリー

 本作は、『ももいろそらを』の俊英・小林監督がメガホンを取ったオタクワールド全開の青春ドラマ。ある地方都市に暮らすぼんこと女子大生の夏子(佐倉)とアニメやゲームが大好きなオタクの幼なじみリンこと麟太郎(高杉)が、恋人のDVに苦悩する親友みゆちゃん(比嘉)を救うため奮闘する姿を描く。

[PR]

 ついに初日を迎えた18歳の高杉は「この作品は僕が高校1年生の冬に撮った作品なんですが、とても大事に撮影していただいて、この日がすごく待ち遠しかった。やっと皆さんに観ていただける日がきて本当によかったです」と感激の様子。「ぼんちゃん、リンちゃん、みゆちゃん、出てくるキャラクターをみんな好きになっていただける映画。原作(小説版)を読んでもう1度観ると、もっと好きになるはず」としっかりアピールした。

 一方、本作でオタクワールドに挑戦した小林監督は「オタクっぽさをまねするのではなく、リアルな存在感でそれぞれのキャラクターを作り上げたいと思って挑んだ」と述懐。すると高杉は「僕と佐倉さんと監督はオタクなので(笑)、撮影の合間はアニメの話ばかり。比嘉さんだけ最後まで取り込めなかった」と笑顔で悔しがっていた。(取材:坂田正樹)

映画『ぼんとリンちゃん』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]