歌手シェール、人種差別で訴えられる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
人種差別で訴えられた歌手のシェール

 歌手のシェールが、コンサートのバックダンサーをオーディションした際、「これ以上黒人ダンサーを採用しないように」と指示したとして、振付師から人種差別で訴えられた。

シェール出演映画『バーレスク』フォトギャラリー

 振付師ケヴィン・ウィルソンは、シェールの2014年「ドレスド・トゥ・キル」ツアーのバックダンサーにマイノリティーの女性ダンサーを探していたところ「ステージ上に有色人種が多すぎるわ。これ以上黒人ダンサーは採用しないように」と命じられたとのこと。彼によると、シェールは白人でブロンドのダンサーを希望したという。

[PR]

 訴訟を起こした理由はこれだけではないようだ。ケヴィンによると、男性バックダンサーの一人がファンの女の子をホテルに連れ込み、セックスを強要しようとした事件が起きたという。これを告発したケヴィンともう一人の人物がクビにされ、当のダンサーはクビにならなかったとのこと。その上、シェールは事件をもみ消したとケヴィンは主張している。解雇理由は予算削減のためと説明されたそうだが、ツアーの興行収入は5,490万ドル(約55億円)と大成功を収めていたらしい。(1ドル100円計算)

 シェールのスポークスマンはくだらない訴訟だとコメントし、シェールが人種差別を行ったというのは言いがかりで、事実ではないとしている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]