ディズニー最新作、主人公はやっぱり日本人?公式フルネームを日本でも発表

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
二人の温かな関係に癒やされます - 映画『ベイマックス』新ポスタービジュアル - (C) 2014 Disney. All Rights Reserved.

 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作『ベイマックス』の主人公のフルネームが、ヒロ・ハマダであることが日本でも公式に明らかになった。彼が住んでいるのはサンフランシスコと東京が融合して作られた架空都市「サンフランソウキョウ」ではあるものの、そのフルネームは日本人を連想させるものになっている。

ベイマックスがヒロをハグ!予告編

 ヒロは、ロボット工学の神童で天才的な頭脳を持つものの、心はまだまだ成長途中の14歳。頭脳と心のバランスが取れないヒロは、幼いころから兄のタダシ・ハマダに守られつつ成長するが、タダシが謎の爆発事故で帰らぬ人となってしまい、悲しみのあまり心を閉ざしてしまう。そんなヒロを支えるのが、タダシが生前に制作していたケアロボット“ベイマックス”だ。

[PR]

 すでに予告編や関連動画などでベイマックスがヒロに寄り添いハグする姿が公開されているが、それを観た人々から「ベイマックスの優しさと二人の絆を感じるハグがもっと見たい」とディズニーに多くの要望が届いているという。それを受け、ディズニーは急きょ二人がハグしている新ポスタービジュアルを制作。お披露目されたビジュアルではベイマックスに抱きつくヒロが安心しきった表情を見せており、彼らの信頼関係が十分に伝わるものに仕上がっている。

 本作ではプロデューサーを務めるロイ・コンリが、「僕らはみんな日本に恋しているんだ」と語るように、ドン・ホール監督とクリス・ウィリアムズ監督を含めた映画スタッフたちは日本の要素を正しく描くため、訪日し徹底的にリサーチ。「ディズニーから日本へのラブレター」といわれるほど熱心な制作姿勢で、日本の鈴がモチーフのベイマックスのつぶらな瞳や、日本の雰囲気を感じさせながらも誰も見たことがないような魅力的な街「サンフランソウキョウ」を作り上げている。(編集部・井本早紀)

映画『ベイマックス』は12月20日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]