佐藤浩市&樋口可南子が大自然の中で寄り添う……夫婦の愛が光る映画『愛を積むひと』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
樋口可南子と佐藤浩市

 俳優の佐藤浩市と女優の樋口可南子が夫婦を演じる映画『愛を積むひと』の特報が公開され、北海道の雄大な自然の中で寄り添う二人の姿が明らかになった。二人はこれが2度目の共演で、夫婦役は初めて。

 本作はエドワード・ムーニー・Jrによる小説「石を積む人」を基にした人間ドラマ。東京の工場をたたんで、北海道に移り住んだ夫婦・篤史と良子が幸せな生活を送っていたところ、良子が心臓の病で急逝。悲しみにくれる篤史だったが、良子が二人の家に隠していた手紙にふれるうち、周囲の人々と再び心を通わせ、未来へと踏み出していく姿を描いている。

 メガホンを取ったのは山田洋次監督の下で助監督を務め、自身も『武士の献立』などを手掛けた朝原雄三監督。二人の娘役として北川景子が出演するほか、野村周平杉咲花森崎博之TEAM NACS)、吉田羊柄本明といったバラエティー豊かなキャストが脇を固める。

[PR]

 今回公開された映像は、北海道の大自然からスタート。さわさわと揺れる一面の草原の奥に一軒の家が登場し、「この家で二人で暮らせたことは、本当に幸せでした」と良子役の樋口のナレーションが入る。そして篤史役の佐藤と樋口が笑顔を見せながら並び、寄り添った二人が腕を組むシーンで終わる。最後に樋口の声で紡がれる「あっちゃん、ありがとう」というセリフの優しい響きが夫婦の愛を感じさせ、期待の高まる仕上がりになっている。(編集部・吉田唯)

映画『愛を積むひと』は2015年初夏公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]