「007」シリーズの新作が漫画で!ボンド誕生秘話を描く公認オリジナルストーリー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ショーン・コネリー演じる映画版初代ジェームズ・ボンド - Michael Ochs Archives / Getty Images

 小説「007」シリーズが、漫画&グラフィックノベル化されることがわかった。現地時間7日、同シリーズの権利を有するイアン・フレミング・パブリケーションズが発表した。第1作「007/カジノ・ロワイヤル」以前のジェームズ・ボンドにスポットが当てられ、ほぼ明かされてこなかった“ジェームズ・ボンド”の誕生秘話に迫るオリジナルストーリーが展開するという。

映画版『007/カジノ・ロワイヤル』のセクシーショット!

 漫画&グラフィックノベルを担当するのは、「グリーン・ホーネット」「ターミネーター」シリーズなど昔ながらの作品の続編や前章を多く手掛けていることでも知られているアメコミ会社ダイナマイトエンターテインメント。また漫画版では新しいキャラクターに加えて、これまでの悪役やボンドガール、そしてボンドを支えるMI6のエージェントなども登場するという。2015年の発売を予定しているとのこと。

 イアン・フレミング・パブリケーションズのトップであるコリン・ターナー氏は 「『カジノ・ロワイヤル』の出版から60年がたちましたが、以前にも増してボンドファンにとって刺激的なときがやってきました。1950年代後半に続き漫画として新聞に出て以来(『007』シリーズは1958年のExpress紙で初めて漫画化)、成功を収めてきた漫画というメディアで『007』が再び世界中を訪れることにわくわくしています」と自信満々の様子。ダイナマイトエンターテインメントについても「この遺産を引き継ごうとする挑戦を引き受けてくれた完璧なパートナーです」と評している。(編集部・井本早紀)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]