俳優引退を表明した菅原文太、いまだ復帰のオファー絶えず

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
トークショーに登場した菅原文太

 俳優引退を表明した菅原文太が25日、ポレポレ東中野で行われたドキュメンタリー映画『福島 生きものの記録 シリーズ2 ~異変~』の公開記念トークショーにゲストとして岩崎雅典監督と共に来場し、いまだに俳優業のオファーがある現状について語った。

映画『福島 生きものの記録 シリーズ2 ~異変~』作品情報

 東京電力福島第一原発事故以後の福島の生き物について追った本ドキュメンタリー。劇中では、茎が異常に発達したタンポポ、体中に白い斑点がついた牛など、事故との因果関係は定かではないものの、生き物を通して福島の現状を描き出している。

[PR]

 もともとはニッポン放送で放送中のラジオ「菅原文太 日本人の底力」に、岩崎監督がゲストで出演したことからの縁だという二人。菅原は半分近く埋まった客席を見渡し、「意外に客が入っているなぁ。2、3人くらいしかいないと聞いていたぞ」と呼び掛け、「実はさっき起きたばかりなんで、髪を洗っていなくて。今日はボサボサなんですよ」と笑うなど、気さくな様子を見せた。

 さらに本作について「今度の作品を見せてもらったけど、岩崎さんの姿勢がいいなと思う。何を強調するでもなく、力まずに淡々と描いていてね。一つ一つはどうというものでもないものが映し出されるけど、それが集まると深いところが違ってくる」と称賛。岩崎監督が「今は第3作を作っているところなんですが、今のままで続けていいんですかね」としみじみ語ると、「どんどん続けてください。これから福島ではいろんな問題が出てくると思う。だからカメラは回しておかないと。少しずつだけど協力者も現れていますからね」とねぎらった。

 現在は俳優を引退し、農業に従事しているという菅原は「体力が続かないし、若い人の邪魔をしてもいかんと思ったんだけどね。でも今の若いやつらの姿を見ていると、あんな連中のために気を遣うのはやめようと思ってね」とキッパリ。今でもオファーは継続して来ているようで、「ただ、1回やめると言った以上、やめなきゃと思うんだけど。でも、また(オファーが)来たんだよね。『だめだ、もう終わり』と言えるならいいけど、義理があって。今も、世話になった人から頼まれている役があって、断りづらくてね。今のところ断っているけど……」と揺れる胸中を語っていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『福島 生きものの記録 シリーズ2 ~異変~』は10月31日までポレポレ東中野で上映中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]