向井理、ド派手衣装の片桐はいりに説教「話し合ったでしょ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
息ピッタリの向井理と片桐はいり

 25日、俳優の向井理片桐はいりが新宿ピカデリーで行われた映画『小野寺の弟・小野寺の姉』の初日舞台あいさつに登壇した。向井は劇中で自身の姉を演じた片桐の真っ赤なワンピース姿を見るや「作品の(素朴な)イメージの衣装にしようと話し合ったでしょ」と説教(?)しつつも、何度も壇上で見つめ合うなど仲むつまじい姉弟愛ぶりを見せた。

【もっと写真を見る】ド派手衣装の片桐はいり

 「(公開中の映画)『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』に対抗してみました」と真っ赤なワンピースで登場した理由を明かした片桐。そんな姿に向井は「こうした奇抜な方と一緒にプロモーション活動をしていて、いろいろな思い出ができました」と笑顔を見せ、「はいりさんはすごい人。いつも走り続けている。これからも背中を追い続けたい」と共演に感謝した。

[PR]

 片桐も「こういう顔に生まれたわたしが、まさか彼のような顔の弟を持つ役をやるとは思っていませんでした」とちゃめっ気たっぷりに感想を述べると、「打ち合わせをしなくても、キョドったときの表情とか、何気ない仕草が似ていて、姉弟なんだなって思うことが多かった」と撮影を振り返った。

 また、この日の舞台あいさつには二人のほか、山本美月ムロツヨシ及川光博西田征史監督も登壇。初めてヒロインを演じた山本は「これまでモデル山本美月として、肌や脚を露出する役柄が多かったのですが、この作品では衣装の露出も少なく、女優として選んでもらっている感じがしてうれしかった」と心情を吐露していた。

 本作は、映画『ガチ☆ボーイ』などを手掛けた脚本家・西田征史が初監督を務めたハートフルストーリー。両親を早くに亡くしてから、離れることなく暮らしてきた姉と弟の絆を切なくもコミカルに描く。西田監督は「理想のキャスト、スタッフでこの日を迎えることができてウルウルしています」と感無量の表情を浮かべた。(磯部正和)

映画『小野寺の弟・小野寺の姉』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]