ダコタ・ファニング、下着見せスケスケドレスが話題

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
下着見せスケスケドレス! - ダコタ・ファニング - Daniel Zuchnik / Getty Images

 映画『I am Sam アイ・アム・サム』での演技で名子役として名をはせた女優のダコタ・ファニング(20)が、米国アクセサリー協会主催の第18回ACEアワードに出席。その際、黒のブラとハイウエストのパンツが丸見えの、スケスケドレスというセクシーないでたちだったことが話題になっている。

こんなに小さかったのに…子役時代フォトギャラリー

 ダコタが着用したのは、プロエンザスクーラーの濃いネイビーの網状のドレス。網目が大きいため、下着はもちろんのこと、おなか、太ももが丸見えだ。子役を卒業し、『トワイライト』シリーズや『17歳のエンディングノート』など順調に女優としてのキャリアを重ねているダコタだが、この大胆な姿は「ダコタが新たな一面を見せた!」など大きく報じられている。

 Us Weeklyではこの姿がホットか否かの読者投票を実施中。6日午後2時時点で「イエス」が321票(36%)、「ノー(スリップを着るべきだ)」が580票(64%)と否定派が優勢となっている。(朝倉健人)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]