柳楽優弥、原点に近い役柄に魂込めた!4年ぶり単独主演作公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
魂を込めた役について語った柳楽優弥

 俳優の柳楽優弥が8日、新宿バルト9で行われた映画『最後の命』の初日舞台あいさつに矢野聖人比留川游松本准平監督と共に登壇。約4年ぶりの単独主演作で務めた役を柳楽は「原点に近いような役柄」と振り返り、「魂を込めて演じたいと思った」と決死の思いで撮影に臨んだことを明かした。

柳楽優弥、4年ぶり単独主演作に感慨深く…フォトギャラリー

 同作は芥川賞を受賞した人気作家・中村文則の小説を実写化したドラマ。幼いころに巻き込まれた異様な事件に運命を狂わされた桂人(柳楽)と冴木(矢野)が、その記憶に苦しみながらも希望を見いだす姿をサスペンスフルに描く。

[PR]

比留川游、矢野聖人、柳楽優弥、松本准平監督

 心に闇を抱える桂人役について柳楽は「最近、ストーカーだとか、ケンカが強い人みたいな、キャラが濃い役が多かったですが」と『闇金ウシジマくん Part2』『クローズEXPLODE』などの役を振り返った上で、「今回はデビューしたころに演じていた、原点に近いような役柄で。そういう意味で新たなチャレンジだなという思いがありました」と述懐する。

 クランクインの際、松本監督からは「桂人は自殺に憧れている」と伝えられたそうで、「新年早々、ヘビーだなって思いました。だから覚悟を決めて、魂を込めて演じたいと思いました」と熱く語った。

 一方、撮影中は作品の内容もあって全体的に重い空気が流れていたといい、矢野も役に入り込むあまり「心を開いて(周囲と)接する作品ではなかったからでしょうね」と当時の雰囲気を説明。それだけに打ち上げは大盛り上がりだったようで、「今まで全然話せなかったので、話したかったんだよ」と柳楽が語れば、松本監督も「3日くらい連日でやっていましたね」と振り返っていた。(中村好伸)

映画『最後の命』は新宿バルト9ほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]