髄膜炎のマキシマム ザ ホルモン、マキシマムザ亮君が退院

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
無事退院したマキシマムザ亮君 - Chung Sung-Jun / Getty Images

 髄膜炎のため入院していたロックバンド・マキシマム ザ ホルモンマキシマムザ亮君が退院した。18日、同バンドのオフィシャルサイトで発表された。

 今月7日に激しい頭痛を訴え、その週末から緊急入院していたマキシマムザ亮君。完治まで最低でも2週間の入院・療養が必要と発表され、予定されていた公演もキャンセルになるなど、ファンの間で心配の声が上がっていた。

 同サイトの発表によると、髄膜炎の症状は回復し、17日に無事退院したという。しかし、当面の間は安静にする必要があること、さらに入院中から、腰や太もも、膝などの下半身に痛みが出ていたといい、ライブ活動の再開時期については未定。今後の経過を観察した上で、後日改めて報告するといい、「引き続きご心配をおかけいたしますが、ご理解いただけますようよろしくお願いいたします」としている。(西村重人)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]