千葉ットマン、原宿に降臨!自分のフィギュアを購入?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
原宿に降臨した千葉ットマン

 映画『ダークナイトバージョンのバットスーツに身を包み、3輪バイクで千葉の公道を走る姿で話題を呼んだ「千葉ットマン」が、東京・原宿に出現した。

千葉ットマン、原宿に降臨!フォトギャラリー

 普段は主に千葉を走行している千葉ットマンだが、この日はフィギュア制作・販売で知られるホットトイズの東京フラッグシップ・ストア「トイサピエンス」を訪れるため、愛車「千葉ットポッド」と共に都内に遠征。同じくバットスーツに身を包んだ友人「川崎のバットマン」と待ち合わせ、同店を訪れた。

[PR]

あれ? バットマンが二人?

 「街中で見かけてもらったその瞬間を笑顔にさせる」という行動原理から、テレビや雑誌の取材依頼はほとんど断っているという千葉ットマン。しかしこの日は、同店の限定アイテム「『ダークナイト』1/6 スケールフィギュア アルフレッド・ペニーワース&バットスーツ格納庫[ボーナスフィギュア:ブルース・ウェイン付き]」を購入するため公の場(?)に姿を現した。

 『ダークナイト』に登場するバットスーツ格納庫を立体化した同商品には、全高約30センチ、30か所以上が可動するブルース・ウェインと、彼を支える執事のアルフレッド、さらに全高約32センチのバットマンフィギュアが同梱。全高約37センチのバットスーツ格納庫は、無機質な金属の質感や付着したさびなど、細部まで完全に再現され、武器やアクセサリー類を可動する扉や棚に収納するもできる、まさに決定版のアイテムになっている。

 さすがに再現は難しいであろう格納庫のクオリティーにすっかり感動した様子の千葉ットマンは、川崎のバットマンと共に商品を購入。さらに、ハイクオリティーな商品が飾られた店内をすみずみまで眺めると、「ホットトイズのイベントなどがある際は、協力は惜しみません!」と力強くコメント。一躍時の人となった彼だが、千葉ットポッドの荷台にフィギュアを載せて走り去る姿は、一人の純粋な映画ファンそのものだ。(編集部・入倉功一)

「『ダークナイト』1/6 スケールフィギュア アルフレッド・ペニーワース&バットスーツ格納庫[ボーナスフィギュア:ブルース・ウェイン付き]」は「トイサピエンス」で発売中 5万5,000円(税込み)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]