『オズの魔法使』ライオン衣装、3億円超で売却

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『オズの魔法使』の当時の劇場ポスターより - 臆病なライオン(バート・ラー)は一番左 - Hulton Archive / Getty Images

 映画『オズの魔法使』(1939)で使用されたライオンの衣装が、オークションにかけられ、3億円以上の高額で落札されていたことがわかった。英オークション会社ボナムスが発表した。

映画『オズの魔法使』写真ギャラリー

 ライオンの衣装は、バート・ラーが着用していたもの。買い付け手数料を含め、307万7,000ドル(約3億3,847万円)で売却されたという。そのほか同作からはヒロイン・ドロシーのテスト用ドレスも出品されており、こちらは24万5,000ドル(約2,695万円)で落札されている。(1ドル110円計算)

[PR]

 またハンフリー・ボガート主演映画『カサブランカ』で使われたピアノも競売にかけられ、341万3,000ドル(約3億7,543万円)で落札。劇中では、サム(ドゥーリー・ウィルソン)が、イルザ(イングリッド・バーグマン)に請われて「As Time Goes By」を歌うシーンで使用されている。

 The Hollywood Reporterによると、これまでオークションで最も高額で落札された映画小道具は『マルタの鷹』(1941)のタカの像(408万5,000ドル・約4億4,935万円)、映画に関するメモラビア(記念品)は『007/ゴールドフィンガー』でショーン・コネリーが乗っていたアストンマーチン(460万ドル・約5億600万円)、テレビドラマのメモラビアはドラマ「バットマン」の初代バットモービル(460万ドル・約5億600万円)がそれぞれ記録を保持しているという。(編集部・井本早紀)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]