平成ゴジラ特技監督・川北紘一さん死去 72歳 肝不全のため

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
今年8月のイベントでゴジラと共演した川北紘一さん-ご冥福をお祈りいたします

 平成『ゴジラ』シリーズなどの特技監督として知られる川北紘一さんが5日、肝不全のため都内の病院で亡くなっていたことがわかった。72歳だった。川北さんが代表取締役を務める、株式会社ドリーム・プラネット・ジャパンがFAXを通じて発表した。

 1942年12月5日、東京生まれ。東宝株式会社に入社後、円谷英二氏、有川貞昌氏、中野昭慶氏に師事し、1989年の『ゴジラVSビオランテ』をもって平成「ゴジラ」シリーズの特技監督に就任。日本の特撮界をけん引した。

 2000年代には、特撮ドラマ「超星神グランセイザー」シリーズを担当したほか、2013年より大阪芸術大学の客員教授として教壇に立った。今年に入ってから体調不良のため入院。治療を続けてきたが、5日午後、家族に看取られながら息を引き取ったという。通夜・告別式は近親者のみで営まれ、2015年にお別れの会が開かれる。(編集部・入倉功一)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]