遠藤要&大東駿介『クローズ』コンビが新作映画で共演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
遠藤要と大東駿介

 16日、『クローズZERO』シリーズの遠藤要大東駿介が共演する新作映画『表と裏』の記者会見が都内で行われ、遠藤、大東のほか共演の赤井英和藤原健一監督が出席した。

遠藤要&大東駿介の新作映画!フォトギャラリー

 同作は、マスコミから頻繁に注目を浴びる人気議員・堂前恭一(遠藤)と、埴輪組の組員・群司昭次(大東)が主人公。それまで交わることのなかった男たちが手を組み、日本を変えるべく動く姿を骨太に描く。

[PR]

 『クローズZERO』に参加して以来、仲が良いという二人。当時のお互いの印象について遠藤が「大東くんは、こんなに立派になると思っていなかったです。当時から生意気でしたけど、唯一、後輩の中でもタメ語だったんじゃないかな」と懐かしむと、大東は「一番親しみやすかったんです。みんなそれぞれ(劇中の設定で)どこの所属とかがある中でピリピリしていたけど、要君はそういうのが関係なくて。気兼ねなく話しかけてくれた印象が強くて、それに乗っかって、いつの間にかぴーちゃんと呼んでいました」と笑顔で振り返った。

大東駿介、遠藤要、赤井英和

 また、新人議員を演じるにあたって遠藤は「議員のために何か役づくりをしたというのは特になくて、堂前恭一はすごく繊細でトラウマがあって表と裏ある人物ですので、細かく、細かくつくっていた覚えがあります」と述懐。初のヤクザ役に挑んだ大東も「もともとやってみたい役のひとつだったのですごく楽しみにしていました」と振り返り、「男の心の奥底や覚悟みたいなのが大事で、そこを要君と現場で磨き上げた感じです」とこだわりを語っていた。

 一方、メガホンを取った藤原監督は、「見応えがあり、謎が残って終わるような作品で、(パート)3~4の構想は固まっています」とシリーズ化の構想を語っていた。(中村好伸)

映画『表と裏』は2015年3月14日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]