ゴールデン・リール賞に『バードマン』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』などがノミネート

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゴールデン・リール賞ノミネート発表! - 映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 - (C) 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

 音響編集や音楽編集のプロが所属するNPO団体モーション・ピクチャー・サウンド・エディターズ(MPSE)が、その年最も音響編集が優れていた作品に授与するゴールデン・リール賞のノミネーションが発表された。

【動画】アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』予告編

 2月15日に開催される授賞式では、映画『ノア 約束の舟』のダーレン・アロノフスキー監督がフィルムメーカー賞を受賞することが発表されているほか、コーエン兄弟とのタッグで知られる、映画『ゼロ・グラビティ』のスキップ・リーヴセイにはMPSE生涯功労賞が贈られることになっている。

[PR]

第62回ゴールデン・リール賞映画部門の主なノミネーションは以下の通り。(澤田理沙)

■映画(英語)セリフ/アフレコ部門
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』
『グランド・ブダペスト・ホテル』
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
『アリスのままで』
『博士と彼女のセオリー』
『アンブロークン(原題) / Unbroken』
『セッション』

■映画(英語)音響効果部門
『アメリカン・スナイパー』
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』
『フューリー』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
『インターステラー』
『アンブロークン(原題)』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]