シネマトゥデイ

芸歴1年未満でプチブレイク!「ラッスンゴレライ」8.6秒バズーカーが焦り顔

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
8.6秒バズーカー(はまやねん・田中シングル)

 芸歴わずか10か月ながら、「ラッスンゴレライ」のリズムネタ漫才で関西を中心にプチブレイク中のお笑いコンビ・8.6秒バズーカーはまやねん田中シングル)が20日、都内で行われた映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』の応援隊長就任式に出席。YouTube再生回数は560万回を突破し、今年の流行語大賞もうわさされているネタ「ラッスンゴレライ」について、「言葉がきているという実感はあります」(田中シングル)と手応えを口にする一方で、「飽きられる前に次のネタをやらないと」と焦りの色もにじませた。

【写真】8.6秒バズーカー、「ラッスンゴレライ」ヴァンパイアバージョン

 芸歴1年未満ながら、一度聞くと耳から離れなくなると話題の「ラッスンゴレライ」のリズムネタを武器に注目を浴びている8.6秒バズーカー。関西を中心に活動している二人だが、東京や沖縄からもわざわざ飛行機に乗って、「ラッスンゴレライ」を観に来るファンが続出するなどその人気は徐々に全国区になりつつある。

[PR]

 この日田中は「ラッスンゴレライ」について、「ネタ合わせをしていて煮詰まったときに相方を笑わせようと思い付きで踊ったのがきっかけ」とその由来を披露。「ラッスンゴレライ」という言葉には特別な意味はないというが、謎めいていて面白いと次の日にはネタ化して客前で披露し、好評を博したと明かした。もっともネタが売れすぎたことで「一発屋で終わらないためにも、今後は華麗なトーク術を身に付けたい。飽きられる前に彼女も作りたい」と苦笑い。理想のタイプには田中が石原さとみを、はまやねんは柴咲コウを挙げていた。

 本作は現代の社会で一緒に暮らしているヴァンパイアたちの日常をモキュメンタリータッチでつづるホラーコメディー。応援隊長に就任した8.6秒バズーカーは、ヴァンパイアバージョンの「ラッスンゴレライ」を初披露していた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』は1月24日より新宿ピカデリーほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]