シネマトゥデイ

『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第3弾、製作開始 キャストも正式発表

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロバート・ラングドン教授役のトム・ハンクス

 『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』のロバート・ラングドン教授を主人公とする人気シリーズの最新作『インフェルノ』の製作が開始され、同時にキャストが正式発表された。

【写真】最新作『インフェルノ』キャスト一覧

 人気作家ダン・ブラウンのベストセラー小説を映画化したシリーズの第3弾となる本作は、フィレンツェの病院で、記憶喪失状態で目覚めたラングドン教授が、医者シエナ・ブルックスの助けを借りて、ダンテの「神曲 地獄篇」に絡んだミステリー事件をひも解いていくというストーリー。引き続きロン・ハワード監督がメガホンを取り、トム・ハンクスが主演を務める。

[PR]

 また今回新たに、ラングドン教授と共に謎を追う美人の女医シエナを、『博士と彼女のセオリー』で本年度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされているフェリシティ・ジョーンズが演じるほか、『最強のふたり』のオマール・シー、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』のイルファン・カーン、デンマークのテレビドラマ「コペンハーゲン/首相の決断」のシセ・バベット・クヌッセンの出演が決定した。

 ちなみに、原作シリーズの第3弾は「ロスト・シンボル」だが、製作が滞ったため、第4弾の「インフェルノ」が先に映画化されることになったようだ。撮影は4月末より開始され、2016年10月14日に全米公開予定。(細木信宏 / Nobuhiro Hosoki、編集部・中山雄一朗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]