鈴木福、反抗期の息子役!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
“父”手塚とおると“反抗期の息子”鈴木福

 演技派俳優・手塚とおるが52歳にしてドラマ初主演を務めている「太鼓持ちの達人 ~正しい××のほめ方~」(テレビ東京・毎週月曜23時58分~)の最終回(3月30日放送)に、人気子役の鈴木福くんが反抗期の息子役で出演することが明らかになった。

「太鼓持ちの達人 ~正しい××のほめ方~」フォトギャラリー

 本作は、ビジネス書「正しいブスのほめ方」「正しい太鼓のもち方」(トキオ・ナレッジ著/宝島社刊)を原案に、手塚、柄本時生木南晴夏ふんする3人の“太鼓持ちの達人”が相手にするのも面倒くさい難敵を、絶妙な褒めフレーズで褒め倒していくというユニークなドラマ。最終回では、主人公・岡部浩太郎(手塚)が対峙(たいじ)する最大の敵として、福くん演じる“素直じゃない息子”福太郎が登場する。

[PR]

 反抗期の息子に向き合おうするも逆に機嫌を損ねてしまう岡部の姿を描く最終回には、まさかの感動も待っているとのこと。プロデューサーの濱谷晃一は「普段は愛らしい福君ですが、今回は思春期に差し掛かるナイーブな息子役を演じてくれています」と期待をあおっている。(編集部・市川遥)

ドラマ「太鼓持ちの達人 ~正しい××のほめ方~」は毎週月曜23時58分~テレビ東京系で放送中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]