ハリウッド実写版「マクロス」がソニーのもとで再始動!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ロボテック」がようやく実写化!(画像は2014年撮影のもの)

 日本のアニメ「超時空要塞マクロス」「超時空騎団サザンクロス」「機甲創世記モスピーダ」を一つの作品にし、1980年代にアメリカで放映されたSFロボットアニメ「ロボテック(原題) / Robotech」の映画化権を米ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが獲得したとVarietyが報じた。

【動画】「マクロス」史上のハイクオリティー!映画『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』

 同作の映画化権はもともと米ワーナー・ブラザースが保有しており、俳優のトビー・マグワイアや『ビューティフル・マインド』などの脚本家アキヴァ・ゴールズマンがプロデューサーとして企画を進めていたが、実現には至らず。しかし先月になって、『300<スリーハンドレッド>』シリーズのジャンニ・ヌナリマーク・キャントンがプロデューサーを務めることが報じられていた。

[PR]

 ソニーは、幅広い世代にアピールできるブロックバスター映画になりうると考えているようで、ヌナリとキャントンに引き続きプロデュースを任せ、同じく『300<スリーハンドレッド>』でヌナリらとタッグを組んだマイケル・B・ゴードンを脚本に起用し、迅速に実写化を進めていくという。

 ヌナリは、実写化に関して「マークと僕は、今日のマーケットで人々の心をつかむには何が必要なのかを知っているんだ。それは、正気でないビジュアルと力強いテーマさ。『ロボテック』のキャラクターたちは、破壊的で救世的でもあるテクノロジーの力で戦っている。それこそまさに、現代に通じるものだね」と作品に懸ける思いを語っている。(編集部・石神恵美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]