「ジェシカおばさんの事件簿」女優、89歳でローレンス・オリヴィエ賞を受賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
おめでとうございます! アンジェラ・ランズベリー - Mike Coppola / Getty Images

 舞台芸術を表彰するイギリスのローレンス・オリヴィエ賞が発表され、テレビシリーズ「ジェシカおばさんの事件簿」で知られる89歳のアンジェラ・ランズベリーが舞台「ブライス・スピリット(原題) / Blithe Spirit」で助演女優賞を受賞し、会場は大歓声に包まれたという。

アンジェラ・ランズベリー出演のファンタジー『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』フォトギャラリー

 同舞台は1945年の映画『陽気な幽霊』として映画化もされたノエル・カワードの作品で、アンジェラは自称霊媒師のマダム・アーカティを演じている。Mail Onlineなどによると、アンジェラの母親モイナ・マクギルも100年以上前に、この作品で舞台女優デビューを果たしたというから感動もひとしおだろう。

[PR]

 最近はいろいろなことを忘れがちだが、セリフは覚えていられるというアンジェラは、女優として今も舞台を踏めることに感謝し、「90歳目前ですが、最高の気分です」とコメントしている。

 主演男優賞は「ア・ビュー・ブロム・ザ・ブリッジ(原題) / A View From the Bridge」のマーク・ストロング、主演女優賞は「テイクン・アット・ミッドナイト(原題) / Taken at Midnight」のペネロープ・ウィルトンが受賞している。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]