シュワちゃん声優・玄田哲章、映画『コマンドー』名セリフを生披露し、ファン恍惚!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブルーレイ発売記念イベントに出席し名セリフのリクエストに応えた田哲章

 アーノルド・シュワルツェネッガーの吹き替えで有名な声優・玄田哲章が25日、都内で行われた「コマンドー ディレクターズ・カット<製作30周年記念日本語吹替新録版>」ブルーレイ発売記念イベントに出席。玄田は、客席からシュワルツェネッガー演じるメイトリックスの名セリフをリクエストされると、ノリノリで披露。会場からは大歓声が上がった。

シュワちゃん声優・玄田哲章、映画『コマンドー』名セリフを生披露し 画像ギャラリー

 本イベントは、不朽の名作『コマンドー』の映画製作30周年を記念して、これまでDVDのみ発売となっていたディレクターズ・カット版本編および、テレビ朝日で放送された「日曜洋画劇場」初回放送版(1989年)をベースに、オリジナルキャストが再集結した日本語吹き替えの《新録音バージョン》が収録されたブルーレイが発売された記念として行われたもの。

[PR]

 25年ぶりにメイトリックスの吹き替えを行った玄田は「画面上のシュワちゃんは年をとってないけど、俺は年とっちゃったからな」と苦笑いを浮かべるも、すでに新録音バージョンを鑑賞したファンは、その変わらぬ声を絶賛。若さの秘けつを問われると「人間だから年を取ると、声も変わってくるけれど、映画に集中して、役の人生に入っていければ問題ないかな」と笑顔で語っていた。

 シュワルツェネッガーを担当する前は、シルヴェスター・スタローンの吹き替えも行っていた玄田。「アニメでもなんでも筋骨隆々な役が多かった」とこれまでの声優人生を振り返ると「シュワちゃんとここまで長い付き合いになるとは思わなかった。途中政治家になったり、私生活がだらしなかったりするけれど、また映画に戻ってきた。作品に対する意欲はすごい」と評価した。

 会場に詰め掛けた熱狂的『コマンドー』ファンから、名セリフのリクエストを受けた玄田は「お前を殺すのは最後だって約束したよな、あれは嘘だ」と「こいよベネット! 銃なんか捨ててかかって来い!」を生声で披露。感極まるファンがいるほど会場は盛り上がっていた。(磯部正和)

「コマンドー ディレクターズ・カット<製作30周年記念日本語吹替新録版>」は発売中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]