「ドラゴンボール」18年ぶり完全新作テレビシリーズ放送決定!原案は鳥山明!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ドラゴンボール」新作テレビシリーズが放送決定! ※画像は映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』のもの - (C) バードスタジオ/集英社 (C) 「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会

 新作映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が大ヒット中のアニメ「ドラゴンボール」18年ぶりの完全新作シリーズとなるテレビアニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」が、7月よりフジテレビ系で放送されることが明らかになった。原作者の鳥山明が原案を手掛け、主人公・孫悟空が魔人ブウとの壮絶な戦いを終え、平和を取り戻した地球のその後が描かれる。

ももクロ、英語曲に悪戦苦闘!フォトギャラリー

 アニメ「ドラゴンボール」は、「週刊少年ジャンプ」連載の世界的ヒットコミックを原作に1986年からスタート。「ドラゴンボールZ」「DRAGON BALL GT ドラゴンボールGT」とタイトルを変更しながら1997年まで放送され、2009年からは、過去の放送分をデジタルリマスターした再編集版「ドラゴンボール改」がテレビ放送されている。

[PR]

 完全オリジナルの新作としては18年ぶりとなるテレビシリ-ズに、孫悟空・孫悟飯・孫悟天の声を担当してきた声優の野沢雅子は「CM、ゲーム等で数知れず『超』という言葉を言って来ましたが、いよいよ、シリーズ“ドラゴンボール超”がスタートするという事で最高です」と歓喜。

 「首を長~くして待ちに待った新シリーズ、長~く長~く続くともっと最高です」と長寿番組になることに期待を掛けると、各キャラクターの声で「(悟空)オッス! オラ、又みんなに会えてうれしいぞ。(悟飯)お父さん、本当に良かったですね。皆さんにお会い出来て! (悟天)ワ~イ、又いっぱいトランクスくんとフュージョンするんだ! (悟空)みんな!! ぜってぇ見てくれよな!!!」と語っている。

 また鳥山の原案について、フジテレビの野崎理プロデューサーは「既に頂いている鳥山先生からのプロットを読みながら、夢が膨らむばかりです。もしかしたら、ブウやフリーザ以上に強い敵も登場するかもしれませんよ……」と期待のコメント。また、アニメ制作を手掛ける東映アニメーションの木戸睦プロデューサーも「当時の『ドラゴンボール』のエッセンスを今の現場に受け継ぎ、一新されたスタッフで、よい意味で全く新しい『ドラゴンボール』をお届け致します。今まさにスタッフ一同『ドラゴンボール超(スーパー)』製作に全力投球しています! 皆様、お楽しみにしていてください!」と気合を込めている。(編集部・入倉功一)

テレビアニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」はフジテレビ系で7月放送スタート(毎週午前9時~9時30分)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]