5月9日は“悟空の日”に!日本記念日協会が認定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
悟空からサプライズの花束!感無量の野沢雅子

 声優の野沢雅子が9日、新宿バルト9で行われた映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の“悟空の日”舞台あいさつに出席した。5月9日がこの日から、正式に日本記念日協会の認定する“悟空の日”となり、野沢は「わたしはてっきり最初、スタッフが勝手に決めたと思っていたんです。きちんと認められてすごくうれしかった。悟空がますます世界に羽ばたいていきます。皆さんもうれしいでしょ」と観客に呼び掛け、笑顔を見せた。

【写真】本当は美女をやりたいと明かす野沢雅子!フォトギャラリー

 本作で孫悟空、孫悟飯の声を担当する野沢は、悟空役を射止めたのは「(名前を伏せて受けた)オーディションだった」と振り返ると、「大勢受けたんですけど、当時わたしも(鳥山明)先生のファンで受かればいいかなくらいで受けまして、先生が声を聞いて即決してくださったそうです。最高ですよ。宝物ですね」とにっこり。その後の悟飯役、孫悟天役も鳥山が直々に指名して選んだといい「本当に声優をやっていてよかった」としみじみ。

[PR]

“悟空の日”認定に喜ぶ野沢雅子

 また、「わたし、本当は声優嫌いだったんです。最初は劇団にいたので」と明かすと「幸か不幸か声優(のオーディション)に受かってしまって」と洋画の少年役などで引っ張りだこになって今に至る自身の声優キャリアを紹介。「少年役が多いけど、本当は美女をやりたかった」とも話して観客を笑わせていた。

 本作は前作『DRAGON BALL Z 神と神』でのビルスとの死闘後の地球を舞台に、孫悟空たちとよみがえった宿敵フリーザや新フリーザ軍が壮絶なバトルを展開。イベント終盤には母の日に絡め、登場した悟空からサプライズで野沢に59本のカーネーションの花束が渡され、野沢は「ずるいよこんなの。泣きそうになっちゃう!」と感無量の表情だった。(取材・文:名鹿祥史)

映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]