吉田羊&こじはる、ローソン舞台の感動オムニバスドラマに出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ローソンが舞台のオムニバス! 石丸幹二、吉田羊、溝端淳平、AKB48の小嶋陽菜

 コンビニエンスストア「ローソン」が舞台のオムニバスドラマ「3つの街の物語」(TBS・6月7日 後4時~)に、AKB48小嶋陽菜や女優の吉田羊石丸幹二溝端淳平らが出演することが明らかになった。

 同作は、地域に根ざした店舗に集まる従業員や常連客の男女を主人公に据えた、全3話のオムニバス。エピソード1に石丸、エピソード2に吉田、エピソード3には溝端と小嶋を迎え、それぞれの立場にまつわる感動的なエピソードが描かれる。

 小嶋が演じるのは、ローソンでバイトをしながら夢を追う青年(溝端)が思いを寄せる常連客でデザイナー志望の女性・千尋。コンビニを舞台に、「夢みる女の子を演じきゅんとする出来事がありました」といい、「人と人との繋がり、笑顔にしてくれるとても前向きになれる作品です」とコメントしている。

[PR]

 一方、年配女性のクレーマーとの関係を通じてある事実を知るパートタイマー・里美を演じる吉田は、自分にとってコンビニとは「つい寄ってしまう場所」と証言。「お腹空いてつい、ティッシュが切れてつい、お酒を呑んだ帰りについ……全ての“つい”に理由があるけれど、共通しているのは、その先に『人の体温』を感じられるということ。店員さんや偶然そこに居合わせた人々の温度は、『私は独りじゃない』と安心させてくれる」と魅力を語り、ドラマについて「明日また、コンビニに“つい”寄りたくなって頂けたら嬉しいです」と展望を明かしている。

 また、オーナーである父親と対立しながらコンビニで働く主人公・東郷を演じる石丸は、かつて小さなコンビニでバイトをしていた経験を持つ本格派。本作への出演に「一方的にご縁を感じています」といい、「都会に住んでいるとどうしても薄くなりがちな、隣人とのコンタクトや人を思いやる心。そんな、コミュニティーの結びつきの大切さを、このドラマから感じ取っていただければ幸いです」と語っている。(編集部・入倉功一)

オムニバスドラマ「3つの街の物語」はTBS系列にて6月7日午後4時放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]