菅田将暉、ムロツヨシらに圧倒されタジタジ「何もしゃべれない」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
笑顔の菅田将暉ら

 俳優の菅田将暉が16日、都内で行われた映画『明烏 あけがらす』初日舞台あいさつに城田優若葉竜也吉岡里帆柿澤勇人松下優也新井浩文ムロツヨシ福田雄一監督と共に登壇した。司会の進行を無視したムロと福田監督がかじを取り、大騒ぎの中トークが行われ、菅田も思わず「この空気で何もしゃべれないでしょ」とタジタジだった。

【写真】大騒ぎの舞台あいさつ…

 ホストクラブを舞台に、借金返済に追われる指名ゼロの最下位ホスト・ナオキ(菅田)と、頼りにならない仲間たちのてん末を描いたシチュエーションコメディー。独特のギャグセンスが光る福田ワールド全開の作品となっている。

[PR]

 型通りの舞台あいさつになるかと思いきや、新井から「両脇!」と注意されるほど、両端に並んだムロと福田監督がハッスル。「(佐藤)二朗は来ないよ」と急に叫んだ福田監督は、「おそらく今日は月9の撮影。チョイ役なのに」と不参加のキャスト、佐藤二朗をぶった切るなど大はしゃぎ。

両端で……

 ムロは福田監督作の常連で、新井は「ムロさんが福田さんの作品に出過ぎていて、ホモなんじゃないかと思っていた」と衝撃告白。「今日も朝、ムロさんだけいないから、まさか一緒に来るの? と思った」と二人の蜜月ぶりにドキドキしていたことを打ち明けた。

 そんな中、なんとか作品の話に戻した福田監督は「城田君はアドリブばっかり」と絶賛。ムロからも「結構、遊んでいましたね」と言われた城田は、「一番チャラくて、ウザくて、軽いバカな役」に徹し、「監督と相談しつつ」アドリブを入れたことを明かした。しかし、主役の菅田も負けてはいない。菅田は城田とのシーンで、アドリブビンタを披露しており、城田は「メッチャぶたれた。痛かった」とチクリ。菅田は「本番で(アドリブを)足すんだもん。こっちも足さないと採算が合わない」とアドリブに対する独自の見解で納得させていた。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『明烏 あけがらす』は新宿バルト9ほか全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]