日本エレキテル連合、「消えた」と言われてもYouTubeがあるから大丈夫

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
日本エレキテル連合、東映太秦映画村プロデュースの時代劇セットに登場!

 お笑いコンビ、日本エレキテル連合中野聡子橋本小雪)が21日、六本木で行われたYouTubeによるクリエイター支援プログラム「YouTube Space 時代劇 with 東映太秦映画村」に参加し、「消えた」と言われる近況について語った。

【写真】いつもと違う…?別ショット

 「ダメよ~ダメダメ」ネタでブレイクを果たした日本エレキテル連合は、ブレイク前から今日に至るまで、公式YouTubeチャンネル「日本エレキテル連合の感電パラレル」に動画をアップ。その縁で今回は、六本木ヒルズの YouTube Space Tokyo に設置された、東映太秦映画村プロデュースによる時代劇セットでの撮影を行うことになった。セットを見た中野が「こんなに素晴らしい環境がそろっているなら、使わないと……」と切り出すと、橋本が「ダメよ~ダメダメ」と続けるなど、すっかりセットを気に入った様子の二人。

[PR]

 「わたしたちはコントをやっているけれど、コント番組がないので、それなら自分たちで作ってしまえと思った」ことが、YouTubeチャンネルを開設したきっかけだったと語る中野。「好きなことを突き詰めることができる。通常、放送したら事故になるんじゃないかというようなもの、お茶の間がポカンとしてしまうようなネタの方がむしろ求められる」と続けると、「今、消えたんじゃないかという、うわさがありますが、そんなことはありません。わたしたちは毎日、YouTubeに動画をアップして、いろんな方に見てもらっています。そんなことを言われても精神を保っていられるのはYouTubeがあるからです」と自虐的なコメントを発して笑ってみせる。

 また、「雪を溶かして水にした」「(爪切りが買えずに)ブロック塀で爪を研いだ」など、ブレイク前の生活苦をネタにしていた二人だが、中野は「今は13キロほどウエイトアップして、絶好調でございます。ただ、食べるものは、むしろブレイク前の方が健康的だった。一汁一菜だったのが、好きなものが買えるようになって、今はコレステロールが気になります」と報告。さらに「わたしたちに集まってくれるマスコミュニケーションの数は減りましたが、それでも毎日、YouTubeに動画をアップしていますので、わたしたちは白塗りだけじゃないんだなというところを見ていただければ」と会場に呼び掛けた。(取材・文:壬生智裕)

「日本エレキテル連合の感電パラレル」はhttps://www.youtube.com/user/ElekitelDenkiで配信中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]