「猫ヘルパー ~猫のしつけ教えます~」のジャクソン・ギャラクシー 分け前未払いで訴えられる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
猫ヘルパーのジャクソン・ギャラクシー - Taylor Hill / Getty Images

 アニマルプラネットで放送されているリアリティー番組「猫ヘルパー ~猫のしつけ教えます~」で、ギターケースに猫のおもちゃを入れ、猫のしつけのアドバイスをしてまわるジャクソン・ギャラクシーが、元ビジネスパートナー2人に訴えられたとTMZ.comが報じた。

 訴状によると、コンサルティング・プロデューサーのブライアン・ロックリンとパブリシストのスーザン・メインザーはそれぞれ、ジャクソンのギャラの10%、放送後に手にした金銭の15%をもらう契約になっていたという。

 契約は口約束だったらしいが、ジャクソンは第3シーズン分まではきちんと支払っていたとのこと。その後、二人へのメールで、「お互いのビジネス関係を終える時が来た」と告げ、第4シーズンから支払いが止まってしまったという。

 ブライアンとスーザンは第4シーズンから第6シーズンの取り分を要求しており、第7シーズンが製作されることになれば、その分も含まれるべきだと主張しているそうだ。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]