中村倫也、スカートめくりでにやけ顔!女性ファン、黄色い悲鳴

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『やるっきゃ騎士』の初日舞台あいさつが行われ(左から)柳英里紗、遠藤新菜、中村倫也、柾木玲弥、平林克理監督が登壇した

 若手人気俳優の中村倫也が23日、都内で行われた主演映画『やるっきゃ騎士』の初日舞台あいさつに遠藤新菜柾木玲弥柳英里紗、メガホンをとった平林克理監督と出席。フォトセッションではヒロインの遠藤にスカートめくりを試みるなど、劇中さながらのエロパフォーマンスで会場をわかせた。

中村倫也、スカートめくりでにやけ顔! 女性ファン、黄色い悲鳴 画像ギャラリー

 1980年代に「月刊少年ジャンプ」で連載されて人気を博した伝説の青春エロコミックを実写化した本作。“女尊男卑”を教育理念に掲げた学園に転校した主人公・誠豪介(中村)が男子を弾圧する自治クラブ会長の美崎静香(遠藤)にエッチな戦いを挑む姿を描く。

[PR]

 中村は女性ファンの黄色い声援を受けて登壇すると、エロ根性丸出しの主人公・豪介を演じたことについて「『この役、俺でいいのかな』って思った」と苦笑い。「キャラクターもグイグイいく感じ、テンション高い感じなんですけど、自分は普段オフビートで、地中海を優雅に泳いでいるようなタイプなので、監督に『俺で大丈夫ですか』って聞いたほど」と明かし、「実際演じてみるとたいへん。興奮スイッチビンビンみたいな感じで撮影していかないといけないので、そのうち眠れなくなりました。ずっとエッチなことを考えて自分を奮い立たせていました」と役づくりの苦労をしみじみ。

役づくりの苦労について明かした中村倫也

 だが、お色気路線は決して苦手ではないようで「麗しいレディのおパンティをたくさん見られたので不思議と疲れはなかった。こういう仕事がもっと増えたらいいのに」とチラリと本音も。non-noモデルで知られる遠藤も「スカートめくりとか、自分の体験することない状況ばかりで新鮮で楽しかった」と明かしつつ、「学校で一番強い女の子という設定。決まったときはそれこそ『わたしで大丈夫なのか』って。セクシーとは程遠いタイプだし」と中村同様葛藤があったことを告白していた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『やるっきゃ騎士』は池袋シネマ・ロサ、シネ・リーブル梅田、109シネマズ名古屋で公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]