ドラマ「デスノート」キャスト発表!月・窪田正孝、L・山崎賢人、ニア・優希美青!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ドラマ「デスノート」キャスト明らかに! (左から)L役の山崎賢人、夜神月役の窪田正孝、ニア役の優希美青

 アニメ・実写映画化もされた大ヒット漫画を連続ドラマ化する日本テレビ系日曜ドラマ「デスノート」のキャストが発表され、デスノートを手にする主人公・夜神月(やがみライト)役に窪田正孝、ライバルのL(エル)役に山崎賢人が決定、また、今回初めて実写化されるN(ニア)をNHK連続テレビ小説「あまちゃん」などで知られる女優の優希美青が演じることが明らかになった。

 同作は、2003年から2006年まで「週刊少年ジャンプ」で連載され、国内シリーズ累計発行部数3,000万部を突破する人気コミック「DEATH NOTE」(大場つぐみ原作・小畑健作画)が原作。名前を書いた人間を死なせることができる死神のノート「デスノート」を使って犯罪者のいない世界を作り上げようとする青年・夜神月と、世界一の名探偵Lたちの頭脳戦を描く。

 ドラマ化にあたって月は、どこにでもいる大学生へと設定を変更。ひたすら安定した暮らしを求めて生きていた月が、デスノートを手にしたことで内に秘めていたゆがんだ正義感と天才性を目覚めさせ、犯罪者を裁く殺人鬼・キラとなっていく。対するL(エル)は、圧倒的な存在感を持った生まれながらの天才として、そして初実写化となるニアは、男とも女とも見分けがつかないかわいらしい顔の裏に危険性を秘めた存在として登場。「隠れた天才 VS 生まれながらの天才 VS 危険因子」という、三つどもえの戦いが展開する。

[PR]

 「誰も見たことのない、“新たな”デスノートを作る」ことを目標に、アニメや映画とも違う展開と結末が用意される本作。旬の若手俳優たちが演じる、原作とは異なる魅力を放つ新たなキャラクターが予測不能な物語をさらに盛り上げることになりそうだ。そのほかのキャストや、デスノートを持つ「死神」の配役にも注目したい。(編集部・入倉功一)

日曜ドラマ「デスノート」は日本テレビ系で7月放送開始

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]