シネマトゥデイ

Netflixがフランス版「ハウス・オブ・カード」を企画 主演はジェラール・ドパルデュー?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
政治ドラマへの主演がうわさされるジェラール・ドパルデュー - Samir Hussein / WireImage / Getty Images

 自社制作ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の大ヒットを受け、Netflixがフランスでも同じようなドラマを企画しているとラジオEurope1が報じたという。

【動画】ジェラール・ドパルデュー出演『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

 それによると、ドラマのタイトルは「マルセイユ(原題) / Marseille」で、フランス人スタッフとキャストがフランスで撮影をするらしい。「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の完全リメイクではないものの、政界を描いたものになるとのこと。長年、南フランスの街の市長を務めたロバート・タロが、野心にあふれる若き弟子と選挙で競うというストーリーになるそうだ。

[PR]

 製作側はジェラール・ドパルデューに主役をオファーしていると報じられているが、Netflix側はうわさにすぎないとコメントをしている。

 The Independent によると、第1シーズンは8エピソードから成り、脚本は映画『カルロス』のダン・フランクが担当するという。最初の2エピソードは、映画『最後のマイ・ウェイ』『いのちの戦場 -アルジェリア1959-』のフローラン・エミリオ・シリが監督を務めるほか、映画『歌え!ジャニス★ジョプリンのように』のサミュエル・ベンシェトリがメガホンを取る予定もあるようだ。(澤田理沙)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]