斎藤工、自身の演じた主人公「本当にかっこいい」主演映画に自信!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主演映画『虎影』への自信をのぞかせた斎藤工

 俳優の斎藤工が11日、都内で行われた主演映画『虎影』の完成披露試写会に出席した。この日は、虎影の息子を演じた子役の石川樹、メガホンを取った西村喜廣監督も登壇した。

斎藤工、主演映画『虎影』に自信!フォトギャラリー

 本作は、かつて最強の忍者と呼ばれた男・虎影が、愛する者のために再び刀を手に取り、命懸けの財宝争奪バトルロイヤルに巻き込まれていくさまを描くアクションエンターテインメント。

[PR]

 斎藤は、特殊メイク・造型の第一人者としても知られる西村監督に一映画ファンとして興味があったといい、「世界を相手に仕事をされている方。忍者の映画を作ると聞いて、西村さんの集大成のような作品になるんじゃないかなという期待があった」と出演の動機を説明。オファーはLINEで届いたといい、すぐに「出ます」と返信したことを、笑顔で明かした。

西村喜廣監督、石川樹、斎藤工

 また演じた虎影については、「この映画での虎影のかっこよさっていうのは、『何のために戦っているのか』ですよね。僕はまだ結婚もしてないし子供もいませんが、父親で、かわいい息子と奥さんもいるのに、自分より優先するものに向かっている虎影に、本当にかっこいい人ってこういう人なんだなと、あらためて思わされました」としみじみ。それだけに、本編については「自信があります」と断言し、西村監督に向けて「天才アーティストだと思いました」と賛辞を送った。

 一方、「映画を作ってきて、今まで主演は全部女性だった」という西村監督は「初めて男性が主演の企画となったとき、断られてもしょうがないと思いつつ、最初に、工しか(主演は)いないなと思った」と告白。「日本のアクション物でオリジナルストーリーは少ない。漫画原作も多いしね。オリジナルだからこそ工を主役でやりたいという気持ちがあった」と起用理由を明かしていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『虎影』は6月20日より新宿武蔵野館ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]