『ジュラシック・パーク』でかなわなかった夢が実現した!スピルバーグが語る14年ぶり新作の特別動画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
前3作であんなことがあったのに恐竜のテーマパークをオープンしてしまった人間。懲りていません - 映画『ジュラシック・ワールド』より - (C) UNIVERSAL STUDIOS & AMBLIN ENTERTAINMENT, INC.

 シリーズ第4作にして14年ぶりの新作『ジュラシック・ワールド』から、キャスト・監督のインタビューと第1作『ジュラシック・パーク』(1993)の映像がふんだんに盛り込まれた特別動画が公開された。

 おなじみの音楽と創設者ジョン・ハモンドの「ようこそ、『ジュラシック・パーク』へ」という案内に、第1作公開当時の興奮がよみがえることは必至の同映像。映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などで知られるクリス・プラットも当時を「『ジュラシック・パーク』をはじめて観たとき、その場で立ち上がった。映画の歴史が変わる瞬間をみた」と振り返っており、そんな伝説的な作品の新作に主演するとあって、撮影現場では子供のような笑顔を見せている。

 また、第1作、第2作でメガホンを取り、本作では製作総指揮を務めたスティーヴン・スピルバーグが「『ジュラシック・パーク』でかなわなかった夢が実現した」と語る通り、本作ではこれまでのシリーズでは開園まで至らなかった恐竜のテーマパークがついにオープンを迎える。「他のどの映画にも実現できなかった独創性をもっている」「この映画にはたくさんの驚きがある」と自信にあふれるスピルバーグの言葉に期待は高まるばかりだ。

[PR]

 『ジュラシック・ワールド』は、1日2万人もの人が訪れる恐竜のテーマパークを舞台に、遺伝子操作により作られたどう猛な新種の恐竜インドミナス・レックスが脱走し、人間がまたもや恐怖に陥れられるさまが描かれる。メガホンを取ったのは、新鋭コリン・トレヴォロウ監督。出演はクリス・プラットのほか、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』のブライス・ダラス・ハワードなど。(編集部・市川遥)

映画『ジュラシック・ワールド』は8月7日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]