ロサンゼルス映画祭で日本人監督作が最高賞!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
長編デビュー作での快挙! - 福永壮志監督作『アウト・オブ・マイ・ハンド(原題) / Out of My Hand』より

 第21回ロサンゼルス映画祭で福永壮志監督の映画『アウト・オブ・マイ・ハンド(原題) / Out of My Hand』が最高賞にあたるUSフィクション賞を受賞した。ほかの主な受賞作は、ワールドフィクション賞がベアタ・ゴデラ監督の『フロッキング(英題) / Flocking』、ドキュメンタリー賞がチン・モヨン監督の『あなた、その川を渡らないで』など。

 100本を超えるインディペンデント映画を集め、毎年6月に開催されるロサンゼルス映画祭。ニューヨークを拠点に活動する福永監督にとって、初長編監督作での受賞という快挙となった。福永監督が「映画祭全体の方針として、ダイバーシティー(多様性、多民族性)にフォーカスを当てるということがあったようなので、それも理由の一つかもしれません」と受賞理由を分析する『アウト・オブ・マイ・ハンド(原題)』は、リベリアからのアメリカ移民を主人公にした作品だ。

 暗闇に浮かぶランプの明かりからゴム農園へとつながる冒頭の緊迫した映像から物語に引き込まれる。リベリアの過酷なゴム農園での暮らしをしっかりと描くことで、アメリカのまた違った過酷さへと身を投じる主人公に観客を寄り添わせる。素晴らしい映像を見せたリベリア撮影担当のカメラマン村上涼さんは、現地でマラリアに感染し、数か月後に亡くなった。

 福永監督は受賞に対し「受賞の報告を受けたときは本当に信じられずあぜんとしましたが、すぐに歓喜の涙があふれ出ました。キャストとスタッフをはじめ、今まで支えてくれたたくさんの方々に対し感謝の気持ちでいっぱいです。この賞をきっかけにより多くの観客にこの映画が届くことを願っています」とコメントを寄せた。日本にも本作が届くことを願いたい。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]