トリンドル・篠田麻里子・真野恵里菜が瓦割り8枚に挑戦!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
(左から)篠田麻里子、トリンドル玲奈、真野恵里菜

 映画『リアル鬼ごっこ』初日舞台あいさつが11日、新宿ピカデリーで行われ、観客と一緒に劇場で鑑賞していたトリンドル玲奈篠田麻里子真野恵里菜のトリプルヒロインおよび、園子温監督が客席から登壇。トリンドル、篠田、真野の三人は瓦割りにも挑戦した。

『リアル鬼ごっこ』初日舞台あいさつ フォトギャラリー

 篠田は「皆さんと一緒に映画を観ていて震えが止まらなかった」と客席の反応を目の当たりにし、興奮したことを打ち明けると、真野も「胸がいっぱいになりました。エンドロールで自分の名前を見たときに『泣きそう』と思って、トリちゃんと麻里子さんを見たら、上を向いてウルウルしていたんです」と、三人とも感極まってしまったことを告白した。

[PR]

 トリンドルは撮影中「もっとパッションを!」と演技指導されたことを明かすと、園監督は「初めての主役でおどおどしていたので、言ったんだと思います。でもどんどん演技が良くなっていきました」と大役を無事に務め上げたことを評価。トリンドルをはじめ、篠田、真野ともに本作を鑑賞して感極まっていた姿に「観ていられなくて僕は途中、廊下に出て行ってしまったんです」と恥ずかしそうに語っていた。

 また、この日は初日を無事迎えられたことを祝い、末広がり、襲ってくる鬼をやっつ(八つ)けるという意味で用意された8枚の鬼瓦割りにトリプルヒロインが挑戦。目の前に積まれた瓦に戸惑いを見せるトリンドルたちだったが、掛け声と共に拳を瓦に打ち付けると、見事に三人とも8枚割りに成功。「痛かった」というトリンドルを尻目に「楽しかった」と目を輝かせる篠田と真野の姿に、園監督は「割れないと思っていたんだけれど……」と目を丸くすると「力があるんだね、怖くなったよ」と発言し、会場を笑いに包み込んでいた。

 本作は、人気小説家・山田悠介の同名小説「リアル鬼ごっこ」のタイトルにインスピレーションを受けたという園監督が、オリジナル脚本で描いたサスペンスホラー映画。監督は「ぜひジェットコースタームービーを堪能してください」と作品をアピールしていた。(磯部正和)

映画『リアル鬼ごっこ』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]