ジェームズ・フランコ、殺人ミステリー小説を映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミステリーを映画化! ジェームズ・フランコ - Kevin Winter / Getty Images

 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』や『127時間』『オズ はじまりの戦い』などへの出演で知られるほか、プロデューサー業も精力的に務めている俳優ジェームズ・フランコが、イギリスの女流作家アレックス・マーウッドのミステリー小説「ザ・キラー・ネクスト・ドア(原題)/ The Killer Next Door」を映画化すると、Varietyなど複数メディアが報じた。

【動画】ジェームズ・フランコ出演のドラマ『パロアルト・ストーリー』

 同サイトによれば、アレックスが2014年に発表した同作は、望まずに協力し合うことになった6人の住人の中に、実は殺人鬼が潜んでいたという設定のミステリー。

[PR]

 フランコは、自身の製作会社ラビット・バンディーニ・プロダクションズにて、製作パートナーのヴィンス・ジョリヴェットと共にプロデューサーを務めるという。また、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』などの女優アナ・オライリーも製作に携わることになっており、アナが主演も務めるのではないかと言われている。

 フランコは今年、作家ジョン・スタインベックの小説「疑わしい戦い」を基にした作品『イン・デュービアス・バトル(原題) / In Dubious Battle』で、セレーナ・ゴメスロバート・デュヴァルエド・ハリスブライアン・クランストンらと共演し、製作と監督も務めている。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]