新「フルハウス」主役の設定変更!妊娠中の夫の死は重すぎると判断

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
D.J.役のキャンディス・キャメロン・ブレ - Jon Kopaloff / FilmMagic / Getty Images

 20年ぶりに復活するテレビドラマ「フルハウス」の新作「フラー・ハウス(原題) / Fuller House」の設定が、当初発表されていたものから変更されると The Hollywood Reporter などが報じた。

あれから20年…大人になった「フルハウス」キャスト フォトギャラリー

 新作はタナー家の長女D.J.(キャンディス・キャメロン・ブレ)が主役で、2人の息子とサンフランシスコで暮らしているという設定。妊娠中でありながら夫を亡くしてしまい、彼女から助けを求められたミュージシャン志望のステファニーやD.J.の親友のキミーたちと共同生活を始めることになっていた。

[PR]

 しかし、妊娠中に夫の死というのは設定が重すぎると判断されたようだ。「もう子供は生まれていることになったの。あまり重すぎるところからスタートしたくなくて、当初よりも時間がたっている設定に変わったわ」とキャンディスはコメントしている。

 オリジナル版でD.J.の恋人だったスティーヴスコット・ウェインガー)の出演も発表されているが、ファンは彼がD.J.の夫で、死んでしまっているのではないかと心配しているよう。これについてキャンディスは、「安心して、スティーヴは死んでいないわ」と答えている。

 新作は13エピソードを予定しており、2016年にNetflixで配信が開始される。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]