イモトアヤコ、イッテQ!伝説のキラキラ編集に「吐いていいんだ」と安心

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
編集の妙に安心! イモトアヤコ

 日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」DVD発売記念イベントが11日、都内で行われ、ベッキー森三中黒沢かずこ村上知子)、イモトアヤコら同番組のメンバーたちが約9年にわたる歴史を振り返った。

【写真】手越祐也の扱いが変わってきた…ベッキー、森三中らがしみじみ

 イッテQ!メンバーたちが世界各国で、いろいろな疑問を解決するさまを映し出し、人気を集める本番組。今回発売される番組DVD第2弾(vol.4、5、6)には、「祭り」「珍獣」「温泉同好会」などの定番企画はもちろんのこと、「ペットボトルロケットで人は飛べるのか」「水族館プロジェクト・デンキウナギ」といった伝説的企画なども収録されている。

[PR]

 放送開始からおよそ9年。その歴史を振り返ったイモトは「あっという間でしたね。わたしはその間に、国でいうと80か国くらい、ロケ回数でいうとその倍くらいは行っていると思うので、この20代の全てを海外ロケに費やした感じがあります。今日もブラジルから帰ってきましたから」と感慨深い様子。

約9年の歴史を振り返ったレギュラー陣

 続けて「そんなに長いことやっているんだと驚いたけど、濃厚な期間でした」というベッキーに、黒沢も「まさかベッキーが年をとるなんて。この番組でベッキーの扱いも変わってきたよね」としみじみ。それにはベッキーも「わたし、それまではわりと大切に丁寧に扱われてきたのに、この番組で変わってきました。砂絵のときも、情熱大陸みたいな感じでかっこよく撮っているのかと思ったら砂かけババア扱いで。すごく悪意があるんだよね」と苦笑い。

 そんな流れから話は孤高のアイドル・手越祐也NEWS)へ。体を張る企画にチャレンジする手越について黒沢が「手越さんってこんな人だったの? と思った」と切り出せば、ベッキーも「変わったのは手越くんというよりも、スタッフの扱いの方だよね」としみじみ。さらに村上が「ちゃんとしたアイドルだったのに変わっちゃったね」とたたみかけると、周りから「まだまだアイドルですよ!」と突っ込まれ、会場は大笑い。

 さらに「このDVDには伝説の始まりがいっぱい収録されています」というイモトは「(宮川)大輔さんの乳牛祭りで、初めて(嘔吐物を隠すためにキラキラの効果で編集した)“キラキラ編集”が出てきて。あ、映してもいいんだと。わたしたちも吐いていいんだと気持ちが楽になりました」とコメントし、会場の笑いを誘っていた。(取材・文:壬生智裕)

「世界の果てまでイッテQ!」DVD(vol.4、5、6)は8月12日に3巻同時発売

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]