デヴィッド・オイェロウォ、ジェームズ・ボンド役に決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェームズ・ボンドの声を担当するデヴィッド・オイェロウォ - Angela Weiss / Getty Images

 『グローリー/明日への行進』や『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』のデヴィッド・オイェロウォが、「007」シリーズ小説の最新作、「トリガー・モーティス(原題) / Trigger Mortis」のオーディオブック版にて、ジェームズ・ボンドの声を担当することになったと The Guardian など多数メディアが伝えた。

【動画】シリーズ最新作『007 スペクター』予告編

 オイェロウォは、「僕はこの地球上でただ一人、公式に、『僕が次のジェームズ・ボンドだ』と言える人間だよ」とコメントしている。

[PR]

 「ダイヤモンドブラザーズ」などの著者アンソニー・ホロヴィッツによる本著のオーディオ版でのボンド役に、「007」シリーズの生みの親であるイアン・フレミング財団より直接指名を受けて、オイェロウォが抜てきされたとのこと。

 オイェロウォは、2001年にロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの「ヘンリー6世」で、メジャーな興行では初めて黒人が英国王を演じて話題となった。

 オイェロウォは、ジャズミュージシャンのニーナ・シモンを描く映画『ニーナ(原題) / Nina』がポストプロダクション中、今年中に公開予定。ミーラー・ナーイル監督の『クイーン・オブ・カトウェ(原題) / Queen of Katwe』が現在撮影中だ。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]