『マスターズ/超空の覇者』リブートに『ソー』脚本家が参加!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『マスターズ/超空の覇者』のリブートが楽しみ! - Cannon Group / Photofest / ゲッティ イメージズ

 1987年製作のSFアクション『マスターズ/超空の覇者』がリブートされることが明らかになった。『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』などのクリストファー・ヨストが脚本を執筆するとVarietyが報じた。

【動画】クリストファーが脚本!『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』

 ドルフ・ラングレン主演の『マスターズ/超空の覇者』は、アメリカ大手玩具メーカーのマテル社が発売したフィギュアシリーズ「マスターズ・オブ・ザ・ユニバース」のキャラクターを基に映画化した作品で、カルト的人気を誇っている。そのほかにも、同フィギュアシリーズの世界観は、コミックやテレビアニメ化されている。

[PR]

 映画版では、惑星エターニアを乗っ取ろうとする悪者スケルターからグレイスカル城を守るために、勇者HE-MAN(ヒーマン)が立ち上がる。しかしある時、HE-MANは地球へと飛ばされてしまい、地球人の助けを借りて、惑星エターニアに戻るすべを探しながら、スケルターと戦う姿が描かれている。

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのテリー・ロッシオ、『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』のジェフ・ワドロウが書いた草案を基に、クリストファーが脚本を仕上げるようだ。ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントと、米独立映画製作会社エスケイプ・アーティスツが製作を手掛ける。公開時期などの詳細は明らかになっていない。(編集部・石神恵美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]