映画版「アサシン クリード」マイケル・ファスベンダーのビジュアル公開!役どころも

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ファスベンダーが暗殺者に!(画像は「アサシン クリード」の公式Facebookのスクリーンショット)

 人気ゲーム「アサシン クリード」の映画化作品で主演を務めるマイケル・ファスベンダーのビジュアルが Yahoo Movie で公開された。ファスベンダーが演じる役どころも明らかになった。

【写真】ファスベンダー代表作!『X-MEN:フューチャー&パスト』

 「アサシン クリード」は、プレイヤーがアサシン教団に属するアサシン(暗殺者)として、敵対するテンプル騎士団の暗殺を行う潜入アクションゲームだ。

[PR]

 同サイトによると、ファスベンダーが演じるのはカラム・リンチという名のゲームには登場しない、映画版オリジナルのキャラクターだという。映画ではゲームと同じストーリーを語るというよりもむしろ、ゲームと同じ世界観の中で新たなキャラクターたちが物語を紡ぐ形になるそうだ。

 15世紀のスペインに生きたリンチの先祖アグラーの遺伝子的記憶がリンチの中で呼び覚まされたことで、リンチは自らがアサシン教団の子孫であることを知る。そして目覚めた記憶により、リンチは暗殺者としての知識や技術を得たことで、現代におけるテンプル騎士団との戦いに挑む姿が描かれるという。

 マイケルに加え、『サンドラの週末』のマリオン・コティヤール、『パージ:アナーキー』のマイケル・K・ウィリアムズ、『ビフォア・ミッドナイト』のアリアーヌ・ラベドが出演するそうだ。10月にイギリスなどで公開を迎える『マクベス(原題) / Macbeth』でファスベンダーとコティヤールは共演を果たしており、同作のジャスティン・カーゼル監督が本作でもメガホンを取るため、3人は再結集することになる。

 撮影は来週にも開始され、撮影地はマルタ、ロンドン、スペイン各所などを予定しているという。全米公開日は2016年12月21日予定。(編集部・石神恵美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]