ドラマ「スーパーガール」悪役レッドトルネードとライブワイヤーが登場!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レッドトルネード役のイド・ゴールドバーグとライブワイヤー役のブリット・モーガン - Jason Merritt / Getty Images, Jeff Kravitz / FilmMagic / Getty Images

 スーパーマンのいとこであるカーラ・ゾー・エルを主人公にした米CBSの新ドラマ「スーパーガール(原題) / Supergirl」にレッドトルネードとライブワイヤーが登場することになり、それぞれを演じる俳優が決まったという。

 DCコミックスのレッドトルネードは、悪の科学者T・O・モロー博士が作ったアンドロイドで、ラーン星の風の精が宿って誕生したキャラクター。TV Line などによると、テレビ版は設定が変わり、T・O・モロー博士がレッドトルネードでもあり、悪役になるようだ。

 映画『ディファイアンス』のイド・ゴールドバーグがT・O・モロー博士とレッドトルネードを演じるという。

[PR]

 「レッドトルネードは世界最先端のアンドロイドで、T・O・モロー博士によって米陸軍のために設計された究極の兵器です。それが知覚を持つようになり、ナショナル・シティとスーパーガールが大切に思っている人々への脅威となります」と番組側は説明している。

 一方、Varietyによると女性ヴィランのライブワイヤー/レスリー・ウィリスを演じるのは、「トゥルーブラッド」でデビー・ペルトを演じていたブリット・モーガン

 DCコミックスでのレスリー・ウィリスは、メトロポリスでリスナーの怒りを買う発言の多いショックジョックをしており、スーパーマンを挑発することで知られたキャラクター。彼女は野外コンサートで感電し、青白い肌と青い髪、そして電気を操れるライブワイヤーに変身する。

 Varietyによると、テレビ版でのレスリーはカーラが働いているメディア会社のショックジョックとのこと。事故でライブワイヤーとなった彼女は、普段の発言と同じくらい危険でショッキングな悪役となり、スーパーガールが対処することになるという。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]