佐藤健、神木隆之介の神対応を絶賛

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
すかさず“山田式筋トレ”を再現してみせた神木隆之介

 俳優の佐藤健神木隆之介が8日、都内で行われた映画『バクマン。』のレッドカーペットイベントに出席し、神木の“神対応”を絶賛する一幕があった。

【写真】キャスト陣がファンと交流!

 同作は「DEATH NOTE」の大場つぐみ小畑健による大ヒット漫画を実写映画化した青春ドラマ。高校生の真城最高(佐藤)と高木秋人(神木)がタッグを組み、漫画家への道を歩んでいくさまを描く。この日のイベントには、染谷将太小松菜奈桐谷健太新井浩文皆川猿時宮藤官九郎山田孝之リリー・フランキー大根仁監督、主題歌を務めるサカナクションも登壇した。

[PR]

 撮影中にキャスト陣が山田から“山田式筋トレ”を教えてもらったエピソードになった際、その様子をMCからリクエストされた山田は、「絶対嫌です。この二人(佐藤・神木)だったらやってくれるでしょうけど」とあっさり拒否。すると、神木が「こうやって~」とすっと立ち上がって実演し、続いて拒否した佐藤も「俺もやんない派なんですよ。てか、よくやったな、すごいね。やらないよ逆に。君だけだよ」と神木の素直さを絶賛。これに神木が「俺だけ?」と逆に驚き、ファンからは神木の神対応に黄色い声援が飛び交っていた。

 本作は最高と小松演じるヒロインとのキュンとなる恋愛要素も満載で、MCから「どう思いました?」と聞かれた小松は「どうですかね?」とはにかんで佐藤にスルーパス。すかさず佐藤が「君に聞いているんだぜ」と突っ込んで会場を沸かせた。

 さらに佐藤は、「僕は学生生活が8年や9年前の話なので、必死に想像力を働かせて高校生に見えるように甘酸っぱさを表現できるように頑張ったんですけど」と振り返り、隣の小松について「つい最近まで高校生だったので、制服が似合いすぎて隣に立ちたくなかったです」と苦笑いを浮かべつつ、役づくりの苦労を明かした。(中村好伸)

映画『バクマン。』は10月3日より全国東宝系にて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]