『暗殺教室』死神に二宮和也!桐谷美玲も本格参戦!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
殺せんせー、たたずむ。映画『暗殺教室 -卒業編-』より - (C) 2016フジテレビジョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT (C) 松井優征/集英社

 Hey! Say! JUMP山田涼介主演で松井優征の人気コミックを実写化した映画第2弾『暗殺教室 -卒業編-』(2016年春)のビジュアルが初公開された。また、前作で担任教師“殺せんせー”の声を担当した二宮和也が最強の殺し屋・死神を演じ、元担任・雪村あぐり役で出演していた桐谷美玲の本格的参戦、原作者・松井が監修を務めることも明らかになった。

【写真】前作『映画 暗殺教室』

 前作『映画 暗殺教室』は、地球を破壊すると表明している正体不明の生物・通称“殺せんせー”と、殺せんせーを暗殺することになった生徒たちの壮絶なバトルが繰り広げられるアクションコメディー。謎多きキャラクター、殺せんせーが暗殺の中に込めた教育論や、落ちこぼれ生徒たちの成長物語が幅広い世代に受け入れられ、興行収入27億円を超える大ヒットを記録した。第2弾『暗殺教室 -卒業編-』では、暗殺のタイムリミットが迫る中、新学期を迎えた生徒たちそれぞれの葛藤をはじめ、殺せんせーの正体や地球の命運が描かれ、主人公・潮田渚役の山田のほか「暗殺」メンバーは、引き続き総出演する。

 ついに始動した映画第2弾「卒業編」のビジュアルには、満開の桜の下でどこか寂しげな表情をする殺せんせーの姿が。また、「先生のこと、忘れないでくださいね。」というコピーや、殺せんせーの影の気になるシルエットなど、物語を暗示するような仕上がりになっている。同ビジュアルは、9月19日より全国の劇場で掲出される。(編集部・小松芙未)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]